SEOの考え方

SEOとは英語の Search Engine Optimization の頭文字をとった略語であり、日本語では検索エンジン最適化となります。検索エンジンを使って情報を探しているユーザーに的確な情報を提供することがその本質であり、主な作業は検索結果の上位に表示されるにふさわしいコンテンツの制作です。このほかにサイト構造の最適化と被リンクの構築を併せて行うことにより、オーガニック検索においてコンテンツを上位に表示させ露出を拡大することを目指します。

SEOとは英語の Search Engine Optimization の頭文字をとった略語であり、日本語では検索エンジン最適化です。検索エンジン最適化とはサイトを検索者(検索ユーザー)に最適化することを意味し、SEOとは検索者に求められるサイトを制作・運営していく取り組みの集合です。 → 続きを読む

SEOの作業の中心は検索者のニーズに沿った有用で高品質なコンテンツを継続的に制作・発信していくことであり、そこで実施者に必要なものは固定的な技術や技法ではなく、最良を求めて変化し続ける実践や習慣(ベストプラクティス)です。そうした日々の継続した取り組みを通じて、以下に解説するそれぞれの目標を達成することを目指します。 → 続きを読む

SEOの本質は、検索者視点に立った情報発信にあります。検索者にとって役立つ情報があれば、検索者は自発的にそれを探してサイトに来訪してくれます。しかしそれを実現するためにはいくらかの発想の転換が必要であり、またそもそも、向いているサイトとそうでないサイトがあります。これらを整理し、効果的なSEOの基礎を作るのがこの記事の目的です。 → 続きを読む

検索という行為は、答えを求める検索者が検索エンジンに質問する行為です。これをふまえればSEOは、検索者の質問に対する回答を提供することである、と定義することができます。検索者を中心に考えれば、SEOで大きな成果を生むことは難しくないのです。 → 続きを読む

SEOは、検索者の関心にフォーカスし、検索意図を洞察し、検索者の疑問に対する答えとなる解決策をコンテンツとして提供するプラクティスです。この記事では、検索者の関心と検索意図を洞察していく方法について解説します。 → 続きを読む

ユーザーの視点で、ユーザーの関心に沿い、ユーザーが求めるコンテンツを中心にすれば、サイトを機能するものにするのは簡単です。にもかかわらず大半のサイトは、運営者の視点で運営者が伝えたいことを中心にした構成を取っており、当然の結果としてサイトは十分に機能していません。この記事ではユーザー中心へと運営者の意識を変えて、サイトを機能するものにするための考え方を示します。 → 続きを読む

SEOで集客できるユーザーのほとんどは「単なる調べ物をしている人」に過ぎず、即時のコンバージョン獲得は非常に困難です。しかしSEOを中長期的な顧客育成のプロセスと考え、潜在顧客の情報ニーズに応え知識形成に寄与することによって、コンバージョンの獲得や向上は狙いやすくなります。 → 続きを読む

SEOはサイトのトラフィックを増加させる重要な手段の一つですが、これを効果的に行うためには、新規コンテンツの追加を中心にいくつかの要因が絡み合うトラフィック増加の循環を作り出す必要があります。このトラフィック増加の循環について、その構築と運用について解説します。 → 続きを読む

SEOは有効なマーケティング手法にもなり得ますが、数多くのデメリットを抱えており、決して万能というわけではありません。短期的に見れば、SEOはメリットよりもデメリットのほうが多いと言っていいほどです。業者の甘言に踊らされることなく、欠点にも目を向けた上で長期的な視野を持ってSEOに取り組んでいくことが必要です。 → 続きを読む