サイト構造の最適化

SEOはユーザーのアクセス経路の中心として検索エンジンを想定するとともに、サイト外部からサイト内の奥深いページへのトラフィックの流入を増大します。このためSEOを導入するサイト制作では、そのサイトに不慣れなユーザーが、サイト内のどのページにランディングしたとしても、そのページの情報や機能をスムーズに取得し、さらにそのページを起点としてサイト内の他のページを巡回できるように設計することが課題になります。

KISSメソッドとは、Keep It Simple, Stupid の略語で「誰でもわかるくらい単純にせよ」という意味です。SEOにおいては、シンプルなデザイン、シンプルなサイトの構成、シンプルな文章、シンプルなHTMLコードで、ユーザーや検索エンジンに対するわかりやすさを向上させる取り組みを指します。スマートフォンなど小さな画面の端末が主流となりつつある昨今においては、より重要性の高まった概念と言えます。 → 続きを読む

適切に情報が整理され、ユーザーにとってわかりやすく構成されたサイトは、検索エンジンにも高く評価されやすくなります。適切に情報が整理されていれば、検索エンジンがサイトやページの情報を取得する際や、内容を解析する際の処理を正確に行うことが可能になるためです。 → 続きを読む

サイトやページの内容を視覚的にわかりやすく、使いやすく、読みやすくし、そして美しくすることは、視覚的デザインが担う重要な役割です。特に、検索結果からサイトに訪れるユーザーを意識する場合、視覚的なわかりやすさや使いやすさはより重要なものとなります。 → 続きを読む

検索エンジンのロボットに対して、クロール性を確保する取り組みのことを「クローラビリティの確保」、正確なインデックスを助ける取り組みのことを「インデクサビリティの確保」、と呼びます。これらはWebアクセシビリティ向上のための基本的な取り組みによって同時に実現することができます。 → 続きを読む

サイト運営者がクローラーとインデクサを制御する指示を出すことで、検索結果に表示されたとしても検索者に対してそれほど価値を提供しないページやファイルについて、あらかじめ検索結果に表示されることがないようにしておくことができます。これは検索者の体験を阻害しないようにするとともに、検索エンジンから低評価を受けないようにするための対策です。 → 続きを読む

サイトパフォーマンスとはウェブサイトの表示速度のことをいい、サイトパフォーマンスの最適化とは、サーバの反応速度(レスポンス速度)、ページやその構成要素の読み込み速度(ロード速度)、そしてブラウザによる画面描画速度(レンダリング速度)などのそれぞれを高速化することをいいます。 → 続きを読む