Webデザイン

デザインの重要な役割の一つに「情報をデザインし使い勝手を向上させる」というものがありますが、それがWebデザインであれば色彩やが担う部分の大きさは測りしれません。「配色を行う」ということは、文章などのコンテンツや、操作系統などの機能性や、印象などのマーケティング・メッセージといった「情報」をデザインすることの延長線上にあるのです。 → 続きを読む

情報デザインは本来、誰にとっても身近なものです。メールやプレゼン資料の作成から、本棚や机やキッチンの整理まで、私たちが情報を整理するシーンは幅広くあります。そうした日常のシーンにも情報デザインという視点を与えることで、私たちの情報に対する理解は深まります。 → 続きを読む

ウェブデザインにおける各種の制約は、単なる害悪ではなく、詩人にとっての音韻や作曲家にとっての音階のように、創造性をはぐくむ枠組みのようなものです。なぜその制約があるのか、なぜその制約に従う必要があるのか、ということを考えることによって、制約から創造性を生み出すことができるようになります。 → 続きを読む

どんなユーザーでも学習を強いられることなく使うことができるインターフェースデザインは、デザインにおける問題解決のうえでとても重要です。デザインユーザー中心設計、またはユーザー・センタード・デザインと呼ばれるデザイン哲学は、そうした「学習を強いられることなく使うことができるデザイン」を教えてくれます。 → 続きを読む

デザインは、製品やサービスや企業自身を表します。製品やサービスや企業が熱狂に近い感情をにユーザーに対して抱かせるとき、ほとんど必ずデザインが介入しています。クールでセクシーなデザインに対する情熱を忘れてはいけません。 → 続きを読む

サイトやページの内容を視覚的にわかりやすく、使いやすく、読みやすくし、そして美しくすることは、視覚的デザインが担う重要な役割です。特に、検索結果からサイトに訪れるユーザーを意識する場合、視覚的なわかりやすさや使いやすさはより重要なものとなります。 → 続きを読む

サイトパフォーマンスとはウェブサイトの表示速度のことをいい、サイトパフォーマンスの最適化とは、サーバの反応速度(レスポンス速度)、ページやその構成要素の読み込み速度(ロード速度)、そしてブラウザによる画面描画速度(レンダリング速度)などのそれぞれを高速化することをいいます。 → 続きを読む