Webデザイン

Web制作者にとってマーケティングを学ぶことはもはや必要不可欠といっていい状況ですが、もともとそうした知識がなく新たに学ぶという場合、入門書としてちょうどいい本はなかなか見つかりません。教科書的なものは難解で無味乾燥なものが多い一方、読みやすいものはセールスのテクニックを解説する表面的なものが多いためです。

→ 続きを読む

未来を予測するために歴史をひもとくことが有用なのは、ウェブ上においても同じです。World Wide Webがどのようにして生まれ、これからどこへ向かうのか。ウェブの生みの親であるティム・バーナーズ=リーの言葉に耳を傾けることで、見えてくるものがあります。

→ 続きを読む

HTMLや、CSSや、画像処理や、各種のプログラミングなど、Webサイト制作技術に関連するようなスキルを修得するプロセスについては、基礎から体系的に学習する、というよりは、「実現したいこと」を中心に、それを実現するための技術をつまみ食いしていくことが効果的です。

→ 続きを読む

デザインの重要な役割の一つに「情報をデザインし使い勝手を向上させる」というものがありますが、それがWebデザインであれば色彩やが担う部分の大きさは測りしれません。「配色を行う」ということは、文章などのコンテンツや、操作系統などの機能性や、印象などのマーケティング・メッセージといった「情報」をデザインすることの延長線上にあるのです。

→ 続きを読む

情報デザインは本来、誰にとっても身近なものです。メールやプレゼン資料の作成から、本棚や机やキッチンの整理まで、私たちが情報を整理するシーンは幅広くあります。そうした日常のシーンにも情報デザインという視点を与えることで、私たちの情報に対する理解は深まります。

→ 続きを読む

ウェブデザインにおける各種の制約は、単なる害悪ではなく、詩人にとっての音韻や作曲家にとっての音階のように、創造性をはぐくむ枠組みのようなものです。なぜその制約があるのか、なぜその制約に従う必要があるのか、ということを考えることによって、制約から創造性を生み出すことができるようになります。

→ 続きを読む

どんなユーザーでも学習を強いられることなく使うことができるインターフェースデザインは、デザインにおける問題解決のうえでとても重要です。デザインユーザー中心設計、またはユーザー・センタード・デザインと呼ばれるデザイン哲学は、そうした「学習を強いられることなく使うことができるデザイン」を教えてくれます。

→ 続きを読む

デザインは、製品やサービスや企業自身を表します。製品やサービスや企業が熱狂に近い感情をにユーザーに対して抱かせるとき、ほとんど必ずデザインが介入しています。クールでセクシーなデザインに対する情熱を忘れてはいけません。

→ 続きを読む

適切に情報が整理され、ユーザーにとってわかりやすく構成されたサイトは、検索エンジンにも高く評価されやすくなります。適切に情報が整理されていれば、検索エンジンがサイトやページの情報を取得する際や、内容を解析する際の処理を正確に行うことが可能になるためです。

→ 続きを読む

サイトテーマ(またはテーマテクノロジー)とは、共通したテーマ性を持つWebサイトやそれらのつながりに高い評価を与えるスコアリングアルゴリズムです。

→ 続きを読む

3 / 4ページ1234