Webデザイン

インターネットの時代を迎えて、情報収集や情報発信では地域格差のようなものはなくなりました。むしろ、地方のほうが有利に働くこともあるくらいです。地方在住者のメリットについて、2006年11月25日に飛び入りで登壇したCSS Nite in Osakaで話した内容の後録です。 → 続きを読む

ブログなどを通じたアウトプットを実践することは、Web制作者にとって非常に重要な課題です。ブログを書く意義と、得られるメリットについて、2006年11月25日に飛び入りで登壇したCSS Nite in Osakaで話した内容の後録です。 → 続きを読む

検索結果画面やソーシャルメディアのタイムラインにおいて、リンクをクリックしてもらえるかどうかの鍵を握るのがコピーライティングです。情報の良さを簡潔で魅力的に伝えることでクリック率を高める技術は、現在のサイト運営者にとって必須のスキルです。コピーライティングの理論や着想法を身につけ、訓練することは、必ずサイト運営のプラスになるでしょう。 → 続きを読む

Web制作会社が提供したいと考えているものは、クライアントである中小企業のニーズと合っているでしょうか。中小企業が欲しがっているものはWebの実装技術や新しい表現などではなく、売り上げを上げ、利益を確保し、生き残ることです。私たち制作者は、どうすればクライアントの利益に貢献できるかを第一に、提供できるものを考えていかなければなりません。 → 続きを読む

先日7月15日に六本木ヒルズで行われたイベント「Web標準の日」において、当日の最終プログラムであるパネルディスカッション「Web標準はビジネスをどう変えるか」に、パネラーとして参加してきました。時間の関係で不完全燃焼になってしまったことを受けて、このエントリで僕の意見をまとめておこうと思います。 → 続きを読む

キーワードやマークアップの調整といった小手先のSEOテクニックは、伝えたいメッセージが貧弱な場合には、手間に見合うだけの効果はありません。しかし強力なメッセージがあるときには、いくらかの有用性もあります。それは「コンテンツをいくらかよく見せる」演出のようなもので、それが過剰になりすぎず、ほどよく使われる限りにおいては、うまく使えばコンテンツの魅力をより多くの人により強く伝える演出として機能します。 → 続きを読む

KISSメソッドとは、Keep It Simple, Stupid の略語で「誰でもわかるくらい単純にせよ」という意味です。SEOにおいては、シンプルなデザイン、シンプルなサイトの構成、シンプルな文章、シンプルなHTMLコードで、ユーザーや検索エンジンに対するわかりやすさを向上させる取り組みを指します。スマートフォンなど小さな画面の端末が主流となりつつある昨今においては、より重要性の高まった概念と言えます。 → 続きを読む

適切に情報が整理され、ユーザーにとってわかりやすく構成されたサイトは、検索エンジンにも高く評価されやすくなります。適切に情報が整理されていれば、検索エンジンがサイトやページの情報を取得する際や、内容を解析する際の処理を正確に行うことが可能になるためです。 → 続きを読む

Web制作者にとってマーケティングを学ぶことはもはや必要不可欠といっていい状況ですが、もともとそうした知識がなく新たに学ぶという場合、入門書としてちょうどいい本はなかなか見つかりません。教科書的なものは難解で無味乾燥なものが多い一方、読みやすいものはセールスのテクニックを解説する表面的なものが多いためです。 → 続きを読む

未来を予測するために歴史をひもとくことが有用なのは、ウェブ上においても同じです。World Wide Webがどのようにして生まれ、これからどこへ向かうのか。ウェブの生みの親であるティム・バーナーズ=リーの言葉に耳を傾けることで、見えてくるものがあります。 → 続きを読む

HTMLや、CSSや、画像処理や、各種のプログラミングなど、Webサイト制作技術に関連するようなスキルを修得するプロセスについては、基礎から体系的に学習する、というよりは、「実現したいこと」を中心に、それを実現するための技術をつまみ食いしていくことが効果的です。 → 続きを読む

デザインの重要な役割の一つに「情報をデザインし使い勝手を向上させる」というものがありますが、それがWebデザインであれば色彩やが担う部分の大きさは測りしれません。「配色を行う」ということは、文章などのコンテンツや、操作系統などの機能性や、印象などのマーケティング・メッセージといった「情報」をデザインすることの延長線上にあるのです。 → 続きを読む