Webデザイン

僕はときどき「ある日目覚めたらWebのルールが以前とすっかり変わってしまっていて、右も左もわからないままに取り残されてしまう」というような内容の夢を見て、ひどくうなされることがあります。おそらく、Webに関わる仕事をしている人の多くが、似たような経験を持っているのではないでしょうか。

→ 続きを読む

Googleの品質に関するガイドラインの運用には不可解なところが多く、悪意がなくてもガイドライン違反とみなされることが多々あります。しかし不可解に思えるようなペナルティを受けたとしても、あまりにも悪質な行為を恒常的に行っているのでない限り、サイトの修正と再審査リクエストによって確実に復活できます。このページではGoogleの品質に関するガイドライン違反ペナルティからの復旧(リカバリー)について説明します。

→ 続きを読む

日本や中国における禅や茶の観点からブロガーやサイト制作者、マーケターが学べることは案外多いものです。禅と茶の思想の代表的な概念は「もてなし」と「しつらえ」ですが、これらはまさにユーザー体験を向上させるための原則であり、現在でもUXデザインの指針として十分に使えるものです。僕たち日本人にとってはむしろ、欧米発の概念よりもわかりやすいかもしれません。

→ 続きを読む

関西Webマスター研究会が主催するセミナーの、2007年最初のセミナーに登壇し「情報検索の最新動向の視点から2007年のサイトづくりの大事なこと」という講演をしてきました。この記事では、その講演内容を書き起こします。一言で表現するなら「ネットの役割に変化に合わせて、企業サイトの役割も変化すべき」という内容です。

→ 続きを読む

インターネットの時代を迎えて、情報収集や情報発信では地域格差のようなものはなくなりました。むしろ、地方のほうが有利に働くこともあるくらいです。地方在住者のメリットについて、2006年11月25日に飛び入りで登壇したCSS Nite in Osakaで話した内容の後録です。

→ 続きを読む

検索結果画面やソーシャルメディアのタイムラインにおいて、リンクをクリックしてもらえるかどうかの鍵を握るのがコピーライティングです。情報の良さを簡潔で魅力的に伝えることでクリック率を高める技術は、現在のサイト運営者にとって必須のスキルです。コピーライティングの理論や着想法を身につけ、訓練することは、必ずサイト運営のプラスになるでしょう。

→ 続きを読む

Web制作会社が提供したいと考えているものは、クライアントである中小企業のニーズと合っているでしょうか。中小企業が欲しがっているものはWebの実装技術や新しい表現などではなく、売り上げを上げ、利益を確保し、生き残ることです。私たち制作者は、どうすればクライアントの利益に貢献できるかを第一に、提供できるものを考えていかなければなりません。

→ 続きを読む

キーワードやマークアップの調整といった小手先のSEOテクニックは、伝えたいメッセージが貧弱な場合には、手間に見合うだけの効果はありません。しかし強力なメッセージがあるときには、いくらかの有用性もあります。それは「コンテンツをいくらかよく見せる」演出のようなもので、それが過剰になりすぎず、ほどよく使われる限りにおいては、うまく使えばコンテンツの魅力をより多くの人により強く伝える演出として機能します。

→ 続きを読む

2 / 4ページ1234