技術

HTMLドキュメントに含まれるすべての要素の中で、検索アルゴリズムは、このtitle要素の内容として記述された文字列に最も強い重み付けをします。title要素は文字通りそのドキュメントの表題を表し、そのドキュメントの内容を最も端的に表す文字列が入るべきところであり、適切なキーワードを含めることでSEOを効果的にします。

→ 続きを読む

ユニバーサルな情報共有を行うことを目的として設計されたHTMLは、文書の論理構造を伝えることに適した文法を持っています。中でも特徴的なのが、段階的な見出しレベルを示す<h1>〜<h6>タグです。

→ 続きを読む

検索エンジンはキーワードがどのようなHTML要素内に記述されているかによって、キーワードがウェブページの中でどの程度の重要度をもって扱われているのかを判断します。ここでは強調のために使用されるインライン要素について説明します。

→ 続きを読む

meta要素はhead要素の子要素として定義されており、任意の個数をhead要素の中に含めることができます。用途としては、テキストのマークアップとは別に「ページの情報(プロファイル)」を指定することに使用されます。検索エンジンに関連するところでは、キーワードの指定、ページ要約文の指定、使用している文字セットの指定、検索エンジンロボットの動作の指定、といったものが代表的なものになります。

→ 続きを読む

img要素は画像を埋め込むインライン要素で、alt属性では代替テキストを指定します。検索エンジンのimg要素およびalt属性の扱いは一定しませんが、基本となる最適化方法について説明します。

→ 続きを読む

適切に情報が整理され、ユーザーにとってわかりやすく構成されたサイトは、検索エンジンにも高く評価されやすくなります。適切に情報が整理されていれば、検索エンジンがサイトやページの情報を取得する際や、内容を解析する際の処理を正確に行うことが可能になるためです。

→ 続きを読む

サイトテーマ(またはテーマテクノロジー)とは、共通したテーマ性を持つWebサイトやそれらのつながりに高い評価を与えるスコアリングアルゴリズムです。

→ 続きを読む

KISSメソッドとは、Keep It Simple, Stupid の略語で「誰でもわかるくらい単純にせよ」という意味です。SEOにおいては、シンプルなデザイン、シンプルなサイトの構成、シンプルな文章、シンプルなHTMLコードで、ユーザーや検索エンジンに対するわかりやすさを向上させる取り組みを指します。スマートフォンなど小さな画面の端末が主流となりつつある昨今においては、より重要性の高まった概念と言えます。

→ 続きを読む

検索エンジン スパム(Search Engine Spam)についての解説。不正な方法でロボット型検索エンジンを攻略し、検索結果の上位を得ることを「検索エンジン スパム」といいます。

→ 続きを読む

キーワード出現頻度とは、検索キーワードがどれだけ含まれるかの割合によって、キーワードとWebページの関連性を判断するものです。これを最適化することによって、検索順位の向上を狙うことができます。

→ 続きを読む

3 / 4ページ1234