技術

検索のパーソナライゼーションが大きな潮流となりつつある昨今、検索各社のパーソナライズの方向性をまとめるとともに、今後のSEOのありかたなどについて考察します。今後SEOは、キーワードとの一致性だけを考慮するものから、より「検索する人:検索者」の文脈や状況を意識したコンテンツ作りへと変化していくでしょう。

→ 続きを読む

キーワードやマークアップの調整といった小手先のSEOテクニックは、伝えたいメッセージが貧弱な場合には、手間に見合うだけの効果はありません。しかし強力なメッセージがあるときには、いくらかの有用性もあります。それは「コンテンツをいくらかよく見せる」演出のようなもので、それが過剰になりすぎず、ほどよく使われる限りにおいては、うまく使えばコンテンツの魅力をより多くの人により強く伝える演出として機能します。

→ 続きを読む

未来を予測するために歴史をひもとくことが有用なのは、ウェブ上においても同じです。World Wide Webがどのようにして生まれ、これからどこへ向かうのか。ウェブの生みの親であるティム・バーナーズ=リーの言葉に耳を傾けることで、見えてくるものがあります。

→ 続きを読む

HTMLや、CSSや、画像処理や、各種のプログラミングなど、Webサイト制作技術に関連するようなスキルを修得するプロセスについては、基礎から体系的に学習する、というよりは、「実現したいこと」を中心に、それを実現するための技術をつまみ食いしていくことが効果的です。

→ 続きを読む

HITSとは(Hypertext Induced Topic Selection)の略で、被参照度(オーソリティスコア)と、評価の高いWebページへの参照度(ハブスコア)から、重要性の高いWebページを抽出するアルゴリズムです。

→ 続きを読む

キーワード突出度とは、キーワードがどのような位置に記述されているのかによって、キーワードとWebページの関連性を判断するものです。これを最適化することによって、検索順位の向上を狙うことができます。

→ 続きを読む

キーワード近接度とは、検索キーワード同士が記述される距離によって、キーワードとWebページの関連性を判断するものです。これを最適化することによって、検索順位の向上を狙うことができます。

→ 続きを読む

キーワード配置とは、キーワードがどんなHTML要素に含まれているかによって、つまりはキーワードをマークアップしているタグの種類によって、キーワードの重要性やページの関連性を判断するものです。これを最適化することによって、検索順位の向上を狙うことができます。

→ 続きを読む

2 / 4ページ1234