SMO

効果的なブログを書くための考え方と行動指針について書かれた海外記事の翻訳です。ロングセラー書籍「7つの習慣」をベースに、効果的なブログのための習慣を解説しており、ブログを通じた情報発信やコミュニケーションにおいて役立つ指針となるでしょう。

→ 続きを読む

Webにおける情報探索行動は従来、Web検索を中心とした情報問題解決が主流でした。このため情報発信者は、SEOだけに注力することで大きなトラフィックを獲得できていました。しかし環境モニタリング型の情報探索行動が台頭してきた現在では、それに対応した新たな施策が必要になってきました。

→ 続きを読む

マスメディアとソーシャルメディアの違いは、プロの編集者が介入しているかどうかではないか、という考察です。プロの編集者に編集権があったマスメディアに対して、ユーザーに編集権が委ねられているソーシャルメディア。ソーシャルメディアの台頭は、少数のプロから、多数の市民へと、知の生産の主体が変化したことを示しているのではないでしょうか。

→ 続きを読む

検索結果画面やソーシャルメディアのタイムラインにおいて、リンクをクリックしてもらえるかどうかの鍵を握るのがコピーライティングです。情報の良さを簡潔で魅力的に伝えることでクリック率を高める技術は、現在のサイト運営者にとって必須のスキルです。コピーライティングの理論や着想法を身につけ、訓練することは、必ずサイト運営のプラスになるでしょう。

→ 続きを読む

誰もが情報や意見や感情を発信したり共有したりできるネット上のサービスのことを、総称してソーシャルメディアといいます。このソーシャルメディア上での活動や社交を通じて、個をエンパワーメントしていく試みをソーシャルメディア最適化、略してSMOと呼びます。

→ 続きを読む

SMOをどうマネタイズしていくのかについての考察。やはりコンサルティングを提供するようなモデルが適切であるように思われる。なぜなら、ソーシャルでの取り組みはできれば各企業がインハウスで、外注することなく実施していくことが望ましいため。

→ 続きを読む

ソーシャルメディアからのトラフィックを最大化することで短期間に膨大な流入を得ると同時に、ブログなどのソーシャルメディア上でのコミュニケーションや議論を通じた被リンク構築を実施し、中長期的には検索からの流入も増やすという、理想的なメソッドである「SMO」が、いま海外で話題になっています。

→ 続きを読む

被リンクの構築を中心に考えるなら、SEOとは「釣り」や「煽り」のように、話題(ネタ)を提供し、ネット上でのコミュニケーションを誘発して被リンクを獲得するものであり、SEOの本質的スキルというのは、「話題や話題になるアイデアを提供し、煽るスキル」のようなものなのではないか、という考察です。

→ 続きを読む

20世紀の大部分は、売り手から買い手へと一方通行でメッセージを配信することがマーケティングでした。21世紀の現在では、買い手から買い手へと伝染するかのように広がるように、メッセージやその伝達経路を設計することが望まれています。

→ 続きを読む

SEOにおける顧客育成の根本はパーミションマーケティングです。潜在客に対してまずは知ってもらい、何度かの接触を通じて親近感や信頼感を抱いてもらい、最後には契約してもらう、というステップを、パーミション(受容)という概念を用いて説明したものがパーミションマーケティングであり、これからのマーケティング手法を考えていく中で必須の考え方と言えるでしょう。

→ 続きを読む

3 / 3ページ123