SMO

ブログの集客方法についてのノウハウは数多くありますが、新規読者を増やす方法、しかも実践すればすぐに結果が出るものとなると、そう多くはないのが実情です。この記事では、海外で話題になった新しい読者をブログに集客する方法を翻訳してお伝えします。 → 続きを読む

SEOにおいて、コピーライティングは重要な要素の一つです。ページ内、特にタイトルや見出しにキーワードやキーフレーズを含めることは、検索結果の表示順位に少なくない影響を与えます。タイトルや見出しのコピーを書く際には、キーワードやキーフレーズをほどよく含み、かつ読者に好まれるコピーを書く必要があります。 → 続きを読む

優れたコンテンツを生み出すことができれば、ブログやサイトがうまくいくということは誰でも知っています。では、優れたコンテンツというのはどうやって作れば良いのでしょう? その答えとなる法則を解説した海外記事の翻訳です。この記事では、オリジナルソース(一次情報)を元にアイデアを付け加えることで優れた二次情報を生み出す方法を解説しています。 → 続きを読む

ビジネス目的のブログを運用するとき、単なる宣伝を垂れ流して無視されるのと、役立つ情報を発信して信頼を獲得するのでは大きな違いです。せっかく同じ手間をかけて運営するのであれば、自分たちにとっても顧客たちにとっても有用なブログにしたいものです。 → 続きを読む

関西Webマスター研究会が主催するセミナーの、2007年最初のセミナーに登壇し「情報検索の最新動向の視点から2007年のサイトづくりの大事なこと」という講演をしてきました。この記事では、その講演内容を書き起こします。一言で表現するなら「ネットの役割に変化に合わせて、企業サイトの役割も変化すべき」という内容です。 → 続きを読む

ブログの読者数を増やす方法を紹介する海外記事の翻訳です。RSSの購読者(現在ならTwitterアカウントやFacebookページのいいね!に置き換えてもいいでしょう)を増やすことを念頭にしながら、ブログの読者を増やし、ブログを速く成長させていく方法が公開されています。 → 続きを読む

効果的なブログを書くための考え方と行動指針について書かれた海外記事の翻訳です。ロングセラー書籍「7つの習慣」をベースに、効果的なブログのための習慣を解説しており、ブログを通じた情報発信やコミュニケーションにおいて役立つ指針となるでしょう。 → 続きを読む

Webにおける情報探索行動は従来、Web検索を中心とした情報問題解決が主流でした。このため情報発信者は、SEOだけに注力することで大きなトラフィックを獲得できていました。しかし環境モニタリング型の情報探索行動が台頭してきた現在では、それに対応した新たな施策が必要になってきました。 → 続きを読む

マスメディアとソーシャルメディアの違いは、プロの編集者が介入しているかどうかではないか、という考察です。プロの編集者に編集権があったマスメディアに対して、ユーザーに編集権が委ねられているソーシャルメディア。ソーシャルメディアの台頭は、少数のプロから、多数の市民へと、知の生産の主体が変化したことを示しているのではないでしょうか。 → 続きを読む
更新: | 公開: | 投稿:
カテゴリ: ブログ | タグ:

検索結果画面やソーシャルメディアのタイムラインにおいて、リンクをクリックしてもらえるかどうかの鍵を握るのがコピーライティングです。情報の良さを簡潔で魅力的に伝えることでクリック率を高める技術は、現在のサイト運営者にとって必須のスキルです。コピーライティングの理論や着想法を身につけ、訓練することは、必ずサイト運営のプラスになるでしょう。 → 続きを読む

SMOに関する先日の記事が、GMOブログビジネスファンドの村松さんに面白がっていただけたようで、ブログ記事としてご紹介いただきました。その中で重要なキーワードとして「マネタイズ」または「マネタイズモデル」という言葉が出てきます。今回はその辺について考えてみます。 → 続きを読む

ソーシャルメディアからのトラフィックを最大化することで短期間に膨大な流入を得ると同時に、ブログなどのソーシャルメディア上でのコミュニケーションや議論を通じた被リンク構築を実施し、中長期的には検索からの流入も増やすという、理想的なメソッドである「SMO」が、いま海外で話題になっています。 → 続きを読む