考え方

PCやスマートフォン、タブレット端末などのインターネットに接続された端末が普及したことを受けて、人々が購買にいたる道程は大きく変化しました。下調べに使う情報ソースは多様になり、決定する場所や時間も変わりました。こうした背景をもとに生まれた新しい購買行動モデルを、GoogleはZMOT – Zero Moment of Truth と呼んでいます。

→ 続きを読む

あちこちで、それこそ呪文のように繰り返される「コンテンツは王様」という言葉ですが、誤解されているとしか思えないことも多く、本当の意味はあまり知られていないようです。この記事では、Content is King の誤解を正すとともに、その考え方について掘り下げていきます。

→ 続きを読む

SEOは有効なマーケティング手法にもなり得ますが、数多くのデメリットを抱えており、決して万能というわけではありません。短期的に見れば、SEOはメリットよりもデメリットのほうが多いと言っていいほどです。業者の甘言に踊らされることなく、欠点にも目を向けた上で長期的な視野を持ってSEOに取り組んでいくことが必要です。

→ 続きを読む

日本や中国における禅や茶の観点からブロガーやサイト制作者、マーケターが学べることは案外多いものです。禅と茶の思想の代表的な概念は「もてなし」と「しつらえ」ですが、これらはまさにユーザー体験を向上させるための原則であり、現在でもUXデザインの指針として十分に使えるものです。僕たち日本人にとってはむしろ、欧米発の概念よりもわかりやすいかもしれません。

→ 続きを読む

ウェブ制作やウェブマーケティングのようにアウトプットを必要とする仕事をするとき、生得的なセンスや才能に頼っていれば、多くの人はすぐに限界に突き当たるでしょう。習得的な知識や技術に重きをおくことで、僕のように生来的には凡人であっても、それなりに長い職業生活を送ることができます。

→ 続きを読む

人は事象を物語として記憶するものですし、よいストーリーには人を動かす力があります。淡々と事実らしきことを退屈に述べていくよりは、広がりを持った想像力をかき立てる例え話や、活き活きとした物語の持つ読ませる力を活用するのは、ある意味では事実を伝えようとする以上にメッセージの本質に迫ることができる手段であるようにも思えます。

→ 続きを読む

短期的な視点による場当たり的な対処ではなく、視野を広げ全体をとらえたうえで、各要素間の因果関係の構造に着目して問題解決や意思決定を行う考え方を、システム・シンキング(またはシステム思考)といいます。世界は複雑なシステムですから、システム全体を見渡す思考を身につければ、よりよい問題解決や意思決定が可能になるのです。

→ 続きを読む

学習する組織(ラーニング・オーガニゼーション)とは、組織の個々の構成員の学習と相互作用によって変化し続け、競争力を維持し続けられる組織のあり方のことをいいます。産業の主流が工場労働から知識労働へと変化したことを背景に、マネジメント重視から学習重視へと進化した組織のあり方を示す考え方です。

→ 続きを読む

2 / 3ページ123