過去の情報

このたびこのサイトでは、Facebookページとサイトを統合させました。この影響で、このサイトの従来のFacebookページに「いいね!」していただいてた方々には、大変お手数ですが「いいね!」を付け替えていただく必要が生じました。ボタンを2回押すだけの数秒でできる作業ですので、ぜひ移行をお願いします。このページはそのお願いとご案内です。

→ 続きを読む

そのままでは流通させられないようなブラックなリンクを洗浄し、問題なく使用できるリンクに変換する手法があります。リンクロンダリングと呼ばれる手法です。この記事では、このリンクロンダリングの考え方と方法、応用の仕方を解説します。(注:これらは2010年時点での話であり現在ではもう役に立ちません)

→ 続きを読む

役に立たないどころか害悪になる可能性の高い有料リンクやスパムリンクですが、どうしても興味があるという人は多いでしょう。この記事では、有料リンク販売業者がリンクを集める方法を解説するとともに、自分でそうしたリンクを集めるためのガイドを提供します。ただしくれぐれも、これはバッドノウハウであって非推奨であることにご注意ください。

→ 続きを読む

インターネットの時代を迎えて、情報収集や情報発信では地域格差のようなものはなくなりました。むしろ、地方のほうが有利に働くこともあるくらいです。地方在住者のメリットについて、2006年11月25日に飛び入りで登壇したCSS Nite in Osakaで話した内容の後録です。

→ 続きを読む

検索のパーソナライゼーションが大きな潮流となりつつある昨今、検索各社のパーソナライズの方向性をまとめるとともに、今後のSEOのありかたなどについて考察します。今後SEOは、キーワードとの一致性だけを考慮するものから、より「検索する人:検索者」の文脈や状況を意識したコンテンツ作りへと変化していくでしょう。

→ 続きを読む

SMOをどうマネタイズしていくのかについての考察。やはりコンサルティングを提供するようなモデルが適切であるように思われる。なぜなら、ソーシャルでの取り組みはできれば各企業がインハウスで、外注することなく実施していくことが望ましいため。

→ 続きを読む

ソーシャルメディアからのトラフィックを最大化することで短期間に膨大な流入を得ると同時に、ブログなどのソーシャルメディア上でのコミュニケーションや議論を通じた被リンク構築を実施し、中長期的には検索からの流入も増やすという、理想的なメソッドである「SMO」が、いま海外で話題になっています。

→ 続きを読む

被リンクの構築を中心に考えるなら、SEOとは「釣り」や「煽り」のように、話題(ネタ)を提供し、ネット上でのコミュニケーションを誘発して被リンクを獲得するものであり、SEOの本質的スキルというのは、「話題や話題になるアイデアを提供し、煽るスキル」のようなものなのではないか、という考察です。

→ 続きを読む

2 / 3ページ123