マーケティング

ブラックハットSEOやスパム行為などについて、その正当性を主張する論調も根強くある一方で、依頼者を擁護し悪徳SEO業者の手口に対して義憤を募らせるような論調も目にします。しかしこれらの議論には重要な視点が抜け落ちています。ブラックハットSEOの正当性やその依頼者について、考えをまとめてみました。

→ 続きを読む

作っただけで放置されているサイトが効果的に働くことがまずないことは、今や誰でも知っている常識です。にもかかわらず、ウェブ制作会社のサイトの大半は放置されています。この現状から脱出することが、ウェブ制作会社が生き残るための第一歩ではないでしょうか。一緒に考えていきましょう。(宣伝を含む記事です)

→ 続きを読む

コンテンツマーケティングという言葉を耳にするようになって数年も経つでしょうか。この話題はSEOとセットで語られることも多く、このサイトでも触れるべきではないか、とは何度も考えてきたことです。しかしどうにも興味が持てず今まで放置してきましたが、機会を得たので少し触れてみたいと思います。

→ 続きを読む

日本のSEOは古い、ということは長く言われ続けてきたことです。古いままでいられたのは、検索エンジン、とりわけ Google の日本語への対応がそれほど速くないことも一因かもしれません。しかしそろそろ、古くてつまらない一過性のSEOは終わりにして、永続性があり将来に価値を蓄積するものに取り組んでいく時期です。

→ 続きを読む

SEOとは英語の Search Engine Optimization の頭文字をとった略語であり、日本語では検索エンジン最適化です。検索エンジン最適化とはサイトを検索者(検索ユーザー)に最適化することを意味し、SEOとは検索者に求められるサイトを制作・運営していく取り組みの集合です。

→ 続きを読む

SEOの作業の中心は検索者のニーズに沿った有用で高品質なコンテンツを継続的に制作・発信していくことであり、そこで実施者に必要なものは固定的な技術や技法ではなく、最良を求めて変化し続ける実践や習慣(ベストプラクティス)です。そうした日々の継続した取り組みを通じて、以下に解説するそれぞれの目標を達成することを目指します。

→ 続きを読む

サイトの運用やSEOの実施にあたって、外部のパートナーと契約することよりもはるかに重要なことは、社内の担当に適任者を充てることです。企業におけるウェブサイトの意味を再確認し、その当事者は誰かを特定することで、より効果の高い施策を実施していくことができるようになります。

→ 続きを読む

テレビや雑誌などでよく見かける「無料の資料請求はこちら」の文言ですが、なぜかそれはウェブ上でも見ることができます。しかしウェブはそもそも情報発信の場であり、資料請求をなくすためのものなのでは? この不思議な現象について書きました。

→ 続きを読む

SEOというのは因果なもので、それに関わっているというだけで知らない人から理由もなく白眼視されたりするという有様です。今はもうある程度は立ち直ったのですが、実は僕はそうしたことについて、かなり気に病んできました。

→ 続きを読む

SEOの本質は、検索者視点に立った情報発信にあります。検索者にとって役立つ情報があれば、検索者は自発的にそれを探してサイトに来訪してくれます。しかしそれを実現するためにはいくらかの発想の転換が必要であり、またそもそも、向いているサイトとそうでないサイトがあります。これらを整理し、効果的なSEOの基礎を作るのがこの記事の目的です。

→ 続きを読む