コンバージョン

確実に反応が得られる広告文を書きたい。それを実現するのが、この記事で紹介する QUEST formula(QUESTの法則)です。これは海外はもとより、この日本においても、セールスレター制作やランディングページ制作に多大な革新をもたらした、いわば古典のような法則です。 → 続きを読む

リスティング広告というものは、試してみるのに大した障壁がないぶん、やめるときにも大した障壁はない。リスティング広告を試してみた、という会社は多い。しかしその多くは継続するには至らず、適当なところで出稿をやめてしまう。その男もまた、過去に試してみたもののすぐに撤退した者の一人だった。 → 続きを読む

企業による一方的な売り込みや自慢をサイト上にいくら詰め込もうと、それはネットの片隅にうち捨てられた独り言のようなもので、検索されず、共有されず、リンクされない。一方、人の役に立ったり楽しませたりするコンテンツは、検索され、共有され、リンクされる。 → 続きを読む

独立したばかりのその弁護士には、仕事も金もなかった。彼はウェブから集客することを考えた。そのために彼はまず、自分自身のウェブの使い方を分析した。彼のウェブ利用時間のうち、6割程度が検索を使った調べ物だった。その検索の大半を占めていたのは、不足している知識を補うための検索と、抱えている悩みや問題の解決策を探るための検索だった。 → 続きを読む

サーチマーケティングには、検索者と検索エンジンの意図に基づくごく基本的な戦略があります。基本を知っておくことでサーチマーケティング、とりわけSEOはぐっと楽なものになりますが、残念ながらこの基本はSEOのプロを自認する人々の間でもあまり知られていないようです。この記事ではその基本をわかりやすく解説します。 → 続きを読む

成果に直結するSEO、とか、コンバージョンを重視したSEO、といったアピールは、SEO業者やウェブ制作会社のセールストークとして頻繁に見かけます。しかしこれは一種のポジショントークであり、売上げの確保はリスティング広告を中心にするほうが効果的かつ効率的です。 → 続きを読む

SEOとリスティング広告の違いを理解し、両者をうまく使い分けながら併用することで、サーチマーケティングの効果をさらに高めることが可能になります。この記事では、検索者の心理的段階に着目し、SEOとリスティング広告の使い分けと併用について解説します。 → 続きを読む

PCやスマートフォン、タブレット端末などのインターネットに接続された端末が普及したことを受けて、人々が購買にいたる道程は大きく変化しました。下調べに使う情報ソースは多様になり、決定する場所や時間も変わりました。こうした背景をもとに生まれた新しい購買行動モデルを、GoogleはZMOT - Zero Moment of Truth と呼んでいます。 → 続きを読む

SEOにおいて、コピーライティングは重要な要素の一つです。ページ内、特にタイトルや見出しにキーワードやキーフレーズを含めることは、検索結果の表示順位に少なくない影響を与えます。タイトルや見出しのコピーを書く際には、キーワードやキーフレーズをほどよく含み、かつ読者に好まれるコピーを書く必要があります。 → 続きを読む

ECサイトやアフィリエイトサイトに有用な海外記事の翻訳です。タイトルは「年末商戦」となっていますが、内容は特に年末商戦に限ったものではなく、繁忙期全般にあてはまるものとなっています。複数の調査結果から導かれたベストプラクティスをコンパクトにまとめた良記事となっており、チェックリストとしての利用に最適です。 → 続きを読む

SEOで集客できるユーザーのほとんどは「単なる調べ物をしている人」に過ぎず、即時のコンバージョン獲得は非常に困難です。しかしSEOを中長期的な顧客育成のプロセスと考え、潜在顧客の情報ニーズに応え知識形成に寄与することによって、コンバージョンの獲得や向上は狙いやすくなります。 → 続きを読む