コンテンツ制作

効果的なブログを書くための考え方と行動指針について書かれた海外記事の翻訳です。ロングセラー書籍「7つの習慣」をベースに、効果的なブログのための習慣を解説しており、ブログを通じた情報発信やコミュニケーションにおいて役立つ指針となるでしょう。 → 続きを読む

Webにおける情報探索行動は従来、Web検索を中心とした情報問題解決が主流でした。このため情報発信者は、SEOだけに注力することで大きなトラフィックを獲得できていました。しかし環境モニタリング型の情報探索行動が台頭してきた現在では、それに対応した新たな施策が必要になってきました。 → 続きを読む

制作や出版の文脈において、コンテンツとは「教養または娯楽に属する著作物であって、受け手の文脈に応じた価値のある情報や体験を提供するもの」を意味します。「コンテンツ」という言葉は意味を曖昧にしたまま多用される傾向にあり、不要な誤解や衝突を招きがちですが、定義を知り、関係者間で共通の認識を持つことは重要です。 → 続きを読む

検索という行動はほとんどの場合、知らないことを知るために行われます。SEOを効果的に実施するためには、企業の目線で伝えたいことだけを一方的に発信するのではでなく、検索者の目線に立ち、検索者にとって役に立つ情報とはどんなものかを考え発信していくことが必要です。 → 続きを読む

有益なコンテンツは、SEOだけでなくウェブマーケティング全体にとって不可欠なものです。この記事では、有益なコンテンツについて、その必要性や定義、作成していくための手順や注意点などについて解説していきます。 → 続きを読む

検索という行為は、答えを求める検索者が検索エンジンに質問する行為です。これをふまえればSEOは、検索者の質問に対する回答を提供することである、と定義することができます。検索者を中心に考えれば、SEOで大きな成果を生むことは難しくないのです。 → 続きを読む

SEOは、検索者の関心にフォーカスし、検索意図を洞察し、検索者の疑問に対する答えとなる解決策をコンテンツとして提供するプラクティスです。この記事では、検索者の関心と検索意図を洞察していく方法について解説します。 → 続きを読む

検索エンジンは繰り返し「高品質なコンテンツを高く評価する」ということをアナウンスし続けています。このページでは、検索エンジンが良質とみなすコンテンツとはどのようなものかを考察し、その条件をリストアップします。 → 続きを読む

ユーザーの視点で、ユーザーの関心に沿い、ユーザーが求めるコンテンツを中心にすれば、サイトを機能するものにするのは簡単です。にもかかわらず大半のサイトは、運営者の視点で運営者が伝えたいことを中心にした構成を取っており、当然の結果としてサイトは十分に機能していません。この記事ではユーザー中心へと運営者の意識を変えて、サイトを機能するものにするための考え方を示します。 → 続きを読む

KISSメソッドとは、Keep It Simple, Stupid の略語で「誰でもわかるくらい単純にせよ」という意味です。SEOにおいては、シンプルなデザイン、シンプルなサイトの構成、シンプルな文章、シンプルなHTMLコードで、ユーザーや検索エンジンに対するわかりやすさを向上させる取り組みを指します。スマートフォンなど小さな画面の端末が主流となりつつある昨今においては、より重要性の高まった概念と言えます。 → 続きを読む

SEOにおける顧客育成の根本はパーミションマーケティングです。潜在客に対してまずは知ってもらい、何度かの接触を通じて親近感や信頼感を抱いてもらい、最後には契約してもらう、というステップを、パーミション(受容)という概念を用いて説明したものがパーミションマーケティングであり、これからのマーケティング手法を考えていく中で必須の考え方と言えるでしょう。 → 続きを読む