コンテンツ制作

SEOと一口に言っても、その取り組みには性質の異なる二種類があります。マイナスをゼロにする取り組みと、ゼロにプラスを加えていく取り組みです。これらはそれぞれ目的も手段も異なり、したがって対象となるサイトも異なります。これらの違いを知り、自分のサイトの現状に合った施策とは何かを知れば、すべきことは整理され、制作の方向性は容易に定まるでしょう。

→ 続きを読む

quest formula

確実に反応が得られる広告文を書きたい。それを実現するのが、この記事で紹介する QUEST formula(QUESTの法則)です。これは海外はもとより、この日本においても、セールスレター制作やランディングページ制作に多大な革新をもたらした、いわば古典のような法則です。

→ 続きを読む

企業による一方的な売り込みや自慢をサイト上にいくら詰め込もうと、それはネットの片隅にうち捨てられた独り言のようなもので、検索されず、共有されず、リンクされない。一方、人の役に立ったり楽しませたりするコンテンツは、検索され、共有され、リンクされる。

→ 続きを読む

世の中には、どんなことでもすぐに勘所をつかんで素早く上達する者と、そうでない者がいる。それはSEOにおいても同様だ。その男は要領が悪く、数年遅れで同じ業界に参入してきた後輩に対しても、優位を誇れたのはわずかな期間でしかなかった。男と後輩はどう違っていたのか。

→ 続きを読む

業務用機械を販売するある会社の社長は、パソコンの画面を眺めて怒りに近い感情を覚えた。見ていたのはSNSのニュースフィードだった。そこにはある男の投稿が表示されていた。その男とは何回か顔を合わせたことはあるが、親しい付き合いはない。地元自治体が主催するウェブ活用の勉強会で知り合い、その後SNSでつながっているだけだ。

→ 続きを読む

独立したばかりのその弁護士には、仕事も金もなかった。彼はウェブから集客することを考えた。そのために彼はまず、自分自身のウェブの使い方を分析した。彼のウェブ利用時間のうち、6割程度が検索を使った調べ物だった。その検索の大半を占めていたのは、不足している知識を補うための検索と、抱えている悩みや問題の解決策を探るための検索だった。

→ 続きを読む

SEOが難しいと感じているのであれば、結果を出しにくい施策にばかり取り組んでしまっていることを疑ってみる必要があります。SEOには、困難で結果を出しにくい施策と、簡単で結果を出しやすい施策があります。同じく時間や労力を使うのであれば、結果を出しやすい簡単な方法を選択することで、効率的かつ確実に成果を高めていくことが可能になります。

→ 続きを読む

制作や出版の文脈において、コンテンツとは「教養または娯楽に属する著作物であって、受け手の文脈に応じた価値のある情報や体験を提供するもの」を意味します。「コンテンツ」という言葉は意味を曖昧にしたまま多用される傾向にあり、不要な誤解や衝突を招きがちですが、定義を知り、関係者間で共通の認識を持つことは重要です。

→ 続きを読む

高い志をもって、紙の書籍を書きたいという希望を持っている人、また実際に紙の本を書く人というのは多くいます。人の役に立つ発信すべきコンテンツを持ち、それを発信することに躊躇のない人々です。この素晴らしい人々が、もう少しウェブにも力を入れてくれれば、ウェブの世界はもっと良くなるのになあ、という視点の記事です。

→ 続きを読む

文章で重要なのは中身であることは確かですが、体裁もまた重要です。ウェブ上で公開されている文章は作法を無視して書かれていることが多いため、ほんの少しの手間を加えるだけで、ずっとよくなる可能性を秘めています。この記事では、すでに書かれたコンテンツの体裁を整え、より読みやすく、理解しやすいものへとブラッシュアップしていく方法について説明します。

→ 続きを読む

1 / 5ページ12345