書評

どんなユーザーでも学習を強いられることなく使うことができるインターフェースデザインは、デザインにおける問題解決のうえでとても重要です。デザインユーザー中心設計、またはユーザー・センタード・デザインと呼ばれるデザイン哲学は、そうした「学習を強いられることなく使うことができるデザイン」を教えてくれます。

→ 続きを読む

デザインは、製品やサービスや企業自身を表します。製品やサービスや企業が熱狂に近い感情をにユーザーに対して抱かせるとき、ほとんど必ずデザインが介入しています。クールでセクシーなデザインに対する情熱を忘れてはいけません。

→ 続きを読む

フリーランスの仕事において、いかに選ばれるか、いかに高く買ってもらえるかは、個人のブランドで決まります。それは企業において、競争力やプライシングにブランドが大きく影響するのと同じことです。強いブランドを築き上げることは、企業だけでなく個人にとっても、より多くの仕事をより高く、より楽に獲得するための重要な戦略です。

→ 続きを読む

マスタリー(熟達)とは、始めは困難だったことが、練習や実践を重ねるにしたがって、だんだんと簡単で楽しいことになっていく現象のことを言います。マスタリーを得るためにはプラクティス(習慣的な実践)が欠かせません。

→ 続きを読む

人間は生きている限りずっと、情報を得ながら学習し続けます。これはつまり、情報を探し活用する能力は人間にとって、生きるために不可欠な能力であることを示しています。情報を探すことは生きることと同義であり、情報探索のスキルはよりよく生きるスキルでもあるのです。

→ 続きを読む

3 / 3ページ123