書評

おすすめの本を紹介する内容を含む記事です。直接的にSEOをテーマにした本はありませんが、間接的には役立つものが多いと思います。気になるものが見つかったら、ぜひ手にとってみてください。

ウェブ制作やウェブマーケティングといった仕事に従事している人は、未知の業界や業種業態についての知識を得る必要に迫られることが頻繁にあるでしょう。こうしたときに使えるネットを使った効果的な情報収集方法について書かれた本の紹介です。 → 続きを読む

検索を通じて、またはソーシャルメディアを通じて、コンテンツを流通させたいと考えるとき、文章力はほかのどんなスキルよりも重要なものです。まとまった時間を割いてでも文章力を鍛えることは、多くの人にとって今後の強みになることは間違いありません。ライティングスキルを伸ばしたい人のためのおすすめ書籍を紹介します。 → 続きを読む

ビジネス目的のブログを運用するとき、単なる宣伝を垂れ流して無視されるのと、役立つ情報を発信して信頼を獲得するのでは大きな違いです。せっかく同じ手間をかけて運営するのであれば、自分たちにとっても顧客たちにとっても有用なブログにしたいものです。 → 続きを読む

人は事象を物語として記憶するものですし、よいストーリーには人を動かす力があります。淡々と事実らしきことを退屈に述べていくよりは、広がりを持った想像力をかき立てる例え話や、活き活きとした物語の持つ読ませる力を活用するのは、ある意味では事実を伝えようとする以上にメッセージの本質に迫ることができる手段であるようにも思えます。 → 続きを読む

検索結果画面やソーシャルメディアのタイムラインにおいて、リンクをクリックしてもらえるかどうかの鍵を握るのがコピーライティングです。情報の良さを簡潔で魅力的に伝えることでクリック率を高める技術は、現在のサイト運営者にとって必須のスキルです。コピーライティングの理論や着想法を身につけ、訓練することは、必ずサイト運営のプラスになるでしょう。 → 続きを読む

20世紀の大部分は、売り手から買い手へと一方通行でメッセージを配信することがマーケティングでした。21世紀の現在では、買い手から買い手へと伝染するかのように広がるように、メッセージやその伝達経路を設計することが望まれています。 → 続きを読む

集合知や集団の叡智といった概念がもてはやされる昨今、その話題の端緒となった書籍「『みんなの意見』は案外正しい」の中で、「Googleの検索結果もまた集合知の賜物」という部分があり、これには大いに疑問があるため、その検証を記事にしました。結論からいえば、Googleの検索結果は集合知をうまく使ってはいるものの、集合知そのものとまでは言えない、といったところです。 → 続きを読む

マス広告の効果が衰退してきた、という話はインターネット以前からよく耳にすることでしたが、直感として、インターネット以降はその傾向がより顕著になったように思います。セス・ゴーディンなどは、「すべてのマス・マーケティングはスパムである」とまで断じるほどです。 → 続きを読む

SEOにおける顧客育成の根本はパーミションマーケティングです。潜在客に対してまずは知ってもらい、何度かの接触を通じて親近感や信頼感を抱いてもらい、最後には契約してもらう、というステップを、パーミション(受容)という概念を用いて説明したものがパーミションマーケティングであり、これからのマーケティング手法を考えていく中で必須の考え方と言えるでしょう。 → 続きを読む

信者と呼ぶのがふさわしいほどの高いロイヤリティを持った顧客が、布教活動のように熱心に顧客が別の顧客にブランドを薦めるという、異常に高いロイヤリティを持ったブランドのことを「カルト・ブランド」といい、そのようなブランドを作り上げる活動のことを「カルト・ブランディング」といいます。 → 続きを読む

医療機関や会計事務所、法律事務所、設計事務所などのいわゆる士業や、デザイナー、プログラマー、ライター、コンサルタントといった専門職が提供するサービスには、購入する前には、その成果を見ることも触ることもできず、購入した結果を知ることもできないという性質があり、この性質がマーケティングを難しいものにしています。 → 続きを読む

Web制作者にとってマーケティングを学ぶことはもはや必要不可欠といっていい状況ですが、もともとそうした知識がなく新たに学ぶという場合、入門書としてちょうどいい本はなかなか見つかりません。教科書的なものは難解で無味乾燥なものが多い一方、読みやすいものはセールスのテクニックを解説する表面的なものが多いためです。 → 続きを読む