SEOにおいて、コピーライティングは重要な要素の一つです。ページ内、特にタイトルや見出しにキーワードやキーフレーズを含めることは、検索結果の表示順位に少なくない影響を与えます。タイトルや見出しのコピーを書く際には、キーワードやキーフレーズをほどよく含み、かつ読者に好まれるコピーを書く必要があります。

この記事について

タイトルのコピーは検索結果ページにおいてユーザーの目を惹くという重要な役割も持っています。つまり、コピーは読者に好意的に受け取られるものでなければならず、わざとらしくキーワードが詰め込まれたコピーでは読者に好まれないために、逆効果になってしまうのです。

このように SEO にとっては非常に重要かつ難しいコピーライティングですが、コピーライティングの最も効果的な実践方法に従えば、一見すると相反するように見える以下の二つの事柄を両立することができます。

  1. 読みやすく、読者にとって魅力的なコピーであること
  2. 検索のターゲットとなるキーワードやキーフレーズを含むコピーであること

そうしたコピーライティングの最も効果的な実践方法について、SEO Copywriting Techniques That Readers Love | Copybloggerという記事がたいへん参考になります。今回はこれを和訳してお伝えしたいと思います。

読者に好かれるSEOコピーライティング

1. タイトル

title 要素はキーワードを含める場所として最も重要な場所です。また、タイトルと同様の文字列を H1 タグか H2 タグのいずれかに含めるとよいでしょう。そして見出しにキーワードを含めることはもちろん、そのページがどんなコンテンツを提供しているかを簡潔かつ完全に表現しなければならないことを忘れないでください。コンテンツとの関連性の低いタイトルは薦められません。

2. 書き出し

読者の好みに合っていて、かつコンテンツとの関連性を高めることができる場合に限りますが、文章の書き出しの部分でキーワードを繰り返すことは有益です。多くの検索エンジンがページ冒頭のキーワードを含む文章を説明文として使用するために、これをうまく行うことでクリックスルーレートを高めることができるのです。

3. 小見出し

キーワードを含めるべき重要な箇所の一つに、読者をページの下部へと誘う小見出しがあります。小見出しでは、ページ内の次のセクションにおいて対象となるキーワードやキーフレーズを自然に含め、次のセクションへと読者を誘うのです。小見出しには通常、H3タグが使用されます。

4. 関連する語句や同義語

よくできたコピーは、ターゲットとなるキーワードに関連する語句や、その同義語を自然に含むように書かれるべきです。検索エンジンは、同じキーワードをむやみに繰り返さなくても、ターゲットとなるキーワードが文脈的に適切な形で含められていれば、それを確実に見つけるだけの能力があります。

5. キーワードの特異性

よくできたコピーは、ありふれた一般的な用語ではなく、活き活きと描写するような特長のある言葉で綴られます。ターゲットとなる特定のキーワードを含め、かつ読者との関連性をよりダイナミックに強調するようなコピーを考案し、それを文脈に合わせて適宜使用することでキーワードの出現頻度を高めてください。

6. アクションへの誘導

読者に何らかのアクションをとってもらいたいということを忘れてはいけません。コピーは読者を誘導するように結論付けるべきです。コピーに含めるキーワードは、購読や、問い合わせや、ページを読み進めることなど、読者に求めるアクションと整合性のとれたものであるべきです。

結論

ページ内における SEO コピーライティングの最良の方法は、読者の目障りにならないようにしつつ、継ぎ目なくキーワードが同化したコンテンツを作ることです。事実、よいコピーはキーワードを豊富に含んでいても、読者の利便性を積極的に伝えることはあっても、キーワードの繰り返しを悟られることはありません。