フリーランスの仕事において、いかに選ばれるか、いかに高く買ってもらえるかは、個人のブランドで決まります。それは企業において、競争力やプライシングにブランドが大きく影響するのと同じことです。強いブランドを築き上げることは、企業だけでなく個人にとっても、より多くの仕事をより高く、より楽に獲得するための重要な戦略です。

フリーランスが仕事を受注する鍵

フリーランスにとって、仕事を取れるかどうか、またはギャラが高いか低いか、といったようなことについて、どうも「実務能力」はそれほど影響しないのではないか、というようなことは、僕も以前から何となく考えていました。むしろ、その人が「どのような人として知られているか」ということのほうが大きく影響するのではないか、と。

僕は営業活動と呼べるような活動をすることなしに、現時点ではそれなりの仕事に恵まれています。僕がそのような状態になれた要因は、僕の実務能力というよりは、むしろ知名度や印象といった何かブランド的なもののほうがウエイトが大きいのではないか、というような考えです。

つまり、僕が決して安くない仕事に恵まれているのは「個人ブランド」ともいうべきもののお陰であり、仕事の受注やギャラの決定に際しては、ブランドが実務能力以上に強く影響しているように思える、ということです。思える、どころか、これはほとんど確信に近いものでです。

もちろん「個人ブランド」はその人の実務能力なしに成り立つものではないのですが、いくら実務能力が高かったとしても、それが即時に仕事に結びつくというものではありません。また、決して高いとは言えない実務能力しか持たない人が、十分な量の仕事や高いギャラに恵まれているところを見るのも珍しくありません。

その他大勢から抜け出し、差をつける

僕がそんなことを考える中で出会った本が、「パーソナルブランディング 最強のビジネスツール『自分ブランド』を作り出す」(ピーター・モントヤ著)です。この本の内容は本当に衝撃的でした。僕が今まで自分ブランドを作るためにやってきたことのほとんどが書かれているだけでなく、僕が見落としていたことや、よりスマートなやりかたも書かれていたからです。

パーソナルブランディングあなたがトレーニングを受けていようが、高い教育を受けていようが、経験を積んでいようが、適切な形で適切な人間の目に何度となく触れていなければ、能力は劣っているものの、あなたより認知度が高い競争相手に仕事を奪われることになる。

(中略)

人々があなたの名前や顔を繰り返し見れば、あなたが成功を収めており、したがって、まだ見たこともないサービスプロバイダよりはマシにちがいないと思う。

上の文は、本書の第3章「パーソナルブランディングの役割」からの引用です。本書では、こういった少し強引な印象を受けるような煽りかたで、パーソナルブランディングとは何かということとその重要性を説き、パーソナルブランドを構築するために必要な手順を示します。

終始「ライバルに打ち勝ち、莫大な収入を!」といった調子なので、そのいかにもアメリカ的でイケイケな雰囲気には辟易しますが、内容はたいへん素晴らしく、今日から活用したくなるノウハウがたくさん詰まっています。いくつかは、目から鱗が落ちるようなことも出てきます。

個人に特化したブランディングの教則

本書の内容は端的にいえば、企業が行うマーケティング活動(特にブランディング)の個人版です。だからこそ、ある程度マーケティングの基礎的な部分を知っている人にとっては、それほど目新しいことは書かれていません。

しかし、この本の素晴らしいところは、そのブランディングを行う主体を個人に置き、「個人がいかにパーソナルブランドを構築するか」というテーマに話を絞ってあるところです。個人のブランディングですから、時間も予算も、使える手段も限られています。その中で、相手により強い印象を与え、好ましい形での知名度をより高めていく方法が語られています。

この本はすべての働く人にとって重要なものとなると思いますが、とりわけフリーランスには強力なものとなるでしょう。「パーソナルブランディング 最強のビジネスツール『自分ブランド』を作り出す」(ピーター・モントヤ著)おすすめです。