Googleペナルティ解除サービスの改訂

Googleのガイドライン違反ペナルティを解除するサービスを提供してわずか半年少々ですが、これに関して届いた問い合わせはすべて、不自然リンクに関するものでした。しかし、不自然リンクの問題については、僕はそれほど適切な相談先ではなく、よりよい相談先が他にあります。こうした現状を受けて、サービス案内の改訂を実施しました。

問い合わせはすべて「不自然リンクの警告」

僕がサービス案内の中にペナルティ解除コンサルティングを含めた意図は「スパムをした覚えなどないのに、ペナルティを受けたと思われる状況にある人やサイトを救済する」というものでした。主な想定は、ペナルティを受けた原因を特定することが難しいようなケースで、具体的には、

  • 様々な過剰SEOがマイナスに働いた場合
  • パンダアップデートに捕捉された場合

など、アルゴリズムによって自動的にペナルティを受けたようなケースを想定していました。アルゴリズムによる自動対応によるペナルティは、ウェブマスターツールに警告が届くことはほとんどなく、したがって原因の特定が難しく、解除もまた困難です。こうした案件には高度な知識と経験が必要ですから、専門家へのニーズがあると考えたのです。

一方、リンクスパムなどに起因する手動対応のペナルティは原因の特定が容易であり、したがって解除もまた比較的容易です。またリンクスパムは明確に検索を(ひいては検索ユーザーを)騙す意図の元に実施されるものですから、個人的にはそうしたものを救済することに意義を感じません。

こうした事情をふまえ、当該サービスの注意事項には、次のような文面を入れていました。

  • 本サービスは意図せずペナルティを受けてしまったサイトが対象です。意図的にスパム行為を実施した結果としてペナルティを受けたサイトのお問い合わせはご遠慮ください。
  • 特にリンクスパム(SEO業者からの有料リンク広告購入など)を現在も実施しているサイトについてはサービスを提供いたしかねます。
  • 過去にリンクスパムを実施していて、更正はしたものの今もその影響が残っていると思われるサイトについては、その旨を記載の上お問い合わせください。個別の状況を見て対応できるか判断します。

しかしこのような注意書きもむなしく、実際に届く問い合わせのほぼすべてはリンクスパムに起因するペナルティを受けたというものばかりで、サービス提供当初の意図とは大きく離れたものになってしまっていました。リンクスパムの尻ぬぐいをすることは、僕の本意ではありません。

リンクスパムの尻ぬぐいはリンク供給元へ

従来リンクスパムを販売していた業者のほとんどは現在、不自然リンクの警告による手動対応ペナルティの解除を、有料の新サービスとして提供しています。自分たちが有料で売ったリンクに起因するペナルティを、有料でリンクを外すことによって解除する、というサービスです。

ペナルティを受けたウェブマスターからすれば、その原因を作った業者とさらなる契約を結ぶのは耐えがたいことでしょう。しかしそうした感情論を別にすれば、ペナルティの原因がリンクスパムであることが明白な場合、その供給元が提供する解除サービスを利用するのは合理的な判断です。

スパムリンクの供給元であれば、そのすべてのリンクを管理することが可能でしょう(掲示板やブログのコメントスパム、ペイパーポストなどの場合には例外もありますが)から、無関係の僕のところなどに問い合わせるよりは、ずっと確実な対応が期待できます。スパム供給元によるペナルティ解除サービスはFacebookでも(一部で)大絶賛を受けています。

FaceBookでも絶賛

僕が受けた相談の大半(実に8割超)は某社のリンクに起因するものでしたが、その某社も自前のペナルティ解除サービスを提供しています例 1例 2)。上の画像の絶賛や感嘆はそれを共有した際のものです。その他の会社の場合でも、多くは同様のサービスも同時に提供されてますから、該当するケースではそうしたものを利用するのがよいでしょう。

このサイトで提供するサービスの見直し

先述のように合理的なサービスが存在している現状を考えれば、不自然リンクの警告に伴う手動対応ペナルティについては、わざわざその対応を無関係の僕が引き受ける理由はありません。その不自然リンクの供給元に対応をお願いするのが筋というものです。

この現状を受けてつい今、僕が提供するペナルティ解除サービスの注意事項を下のように書き換えました。

  • 本サービスは意図せずペナルティを受けてしまったサイトが対象です。意図的にスパム行為を実施した結果としてペナルティを受けたサイトのお問い合わせはご遠慮ください。
  • 特にリンクスパム(SEO業者からの有料リンク広告購入など)を実施したサイトについては、それが現在であれ過去であれ、本サービスの提供はいたしかねます。スパムリンクの供給元にお問い合わせください

僕の感覚ではスパムを供給する会社もそれを利用する会社も同じ穴の狢で、そのどちらともあまり関わり合いになりたくない、というのが率直なところです。むしろ同じ時間を使うのであれば、真面目にサイトを運営するウェブマスターさんのために使いたいもの。

他社のサービスではありますが、素晴らしいサービスに出会ったおかげで、負担に感じていた種類の問い合わせから解放されることができ、非常にすがすがしい気分になった週末です。(2014年4月追記:ペナルティ解除だけを提供するサービスは中止しました)

この記事について