メタサーチとは、1か所のキーワード入力で、複数の検索サービスによる検索を代行する横断検索サービスです。

他の検索サービスの検索機能を利用するメタサーチ

メタサーチとは、1か所のキーワード入力で、複数の検索サービスによる検索を代行するWebサイトです。メタサーチは検索エンジンやディレクトリとは異なり、独自のデータベースを持っていません。ユーザから要求された検索キーワードを複数の検索エンジンに送り、その結果を加工編集してユーザに検索結果として表示します。

メタサーチによる検索では、多くの検索サービスでの検索結果を反映させることができます。そのため幅広い情報へのリーチが可能で、情報を探すために複数の検索サービスを渡り歩く必要がないという長所があります。

良くも悪くも検索ノイズの多さがメタサーチの特徴

メタサーチの欠点として、検索ノイズの多さがあげられます。検索ノイズとは検索者が意図しないWebページが検索結果に混ざってしまう状態のことです。メタサーチによる検索結果は、利用する個々の検索サービスが発生する検索ノイズを全て含んでしまいます。

一方で、メタサーチを利用するそもそもの理由に「幅広い情報ソースにあたりたい」というものであるため、メタサーチの利用者にとってのノイズは許容できるできるものであり、ノイズも含めて検索できるという点でメタサーチが優れている場合もあります。