学習する組織(ラーニング・オーガニゼーション)とは、組織の個々の構成員の学習と相互作用によって変化し続け、競争力を維持し続けられる組織のあり方のことをいいます。産業の主流が工場労働から知識労働へと変化したことを背景に、マネジメント重視から学習重視へと進化した組織のあり方を示す考え方です。

競争相手より早く学べる能力

ロイヤル・ダッチ・シェルの企画部長、アリー・デ・ジウスによると、「競争相手より早く学べる能力、それが競争力を維持する唯一の鍵である」そうです。

知識労働を主とする組織においては、末端に至るまで権限の委譲が進み、末端の構成員であっても意志決定の機会が毎日のように何度となく訪れています。このため、組織全体としてよりよい意志決定を下し続けるためには、組織の中の一部の人が早く学習するだけでは足りず、組織に参加している全員が早く学習する必要があります。

「学習する組織」(ラーニング・オーガニゼーション)だけが変化の波に乗り、イノベーションを起こすことができるといい、この考えは20世紀終わり頃から注目を浴び、多くの企業が採用に躍起になっています。この傾向は、組織のあり方の主流が、産業革命の時代の工場のようなものから、知識労働型へと変化してきたことを受けてのことでしょう。

管理型の組織から自律型の組織へ

以前であれば、企業の組織論とマネジメント論は切り離すことのできないものと考えられていましたが、「学習する組織」においては、マネジメントよりも自己マスタリーシステム・シンキングに重点が置かれてります。

リーダーシップについても、従来の「先頭に立って引っ張る」タイプのものではなく、個々人にとって最適な環境を用意すべく給仕するタイプのリーダーシップが望まれています。これは学習する個人同士が刺激し合い、自己組織化していくことを志向するものです。

新時代のチームワーク

「学習する組織」について解説した本で「学習する組織――システム思考で未来を創造する」(ピーター・M・センゲ 著)というものがあります。なかなか読み応えのある、面白い本です。

ラーニング・オーガニゼーションという言葉が一般的でなさすぎたために無理な邦題をつけたのか、イマイチ内容を表しているとは言いにくい変な邦題がついていますが、原題は「The fifth Discipline – The Art & Practice of the Learning Organization」というもので、「学習する組織を作る5つの法則」といったところでしょうか。

この本は実際のところ、イノベーションや変化への対応をするには大きくなりすぎてしまったような企業を対象に書かれたものですが、僕はこの内容から、フリーランスのネットワークを想起しました。もしかしたら、フリーランスのネットワークこそ「ラーニング・オーガニゼーション」であり、次世代の組織の形なのかもしれません。