キーワード突出度の最適化

キーワード突出度とは、キーワードがどのような位置に記述されているのかによって、キーワードとWebページの関連性を判断するものです。これを最適化することによって、検索順位の向上を狙うことができます。

キーワードが記述される位置から適合度を算出

検索エンジンがキーワードとWebページの適合度を測る指標の1つとして、キーワード突出度があります。キーワードがどのような位置に記述されているのかによって、Webページの重要性を判断するものです。

Webページをブラウザなどで表示(レンダリング)した際の上部に表示される語句や、コンテンツエリア内の先頭付近に表示される語句、また各要素内の先頭付近に出現する語句など、より先頭に近いところに記述された語句ほど、より「目立つ」ものとして強い重みを付けてスコアリングします。

レンダリング結果でページの先頭付近に表示されるものを重視

Webページ全体のうち、よりページの先頭に近い部分に表示される文字列は強い重み付けを受けます。とりわけ、Above the fold(スクロールなしで表示できるエリア)に表示される文字列と、コンテンツエリアの先頭付近に表示される文字列は重要です。これはソースコード上での出現位置ではなく、あくまでもブラウザなどで表示(レンダリング)した結果を人の目で見た位置であることに注意してください。

なお、Google検索エンジンにおいては、Fetch as Google を使用することで、Googleがレンダリング結果をどのように解釈しているかを確認することができます。

また例えば、ページ内にh2要素として書かれる見出しが複数回あるような場合には、先にかかれるものを、後に書かれるものに比べてキーワード突出度が高いものとして扱います。これは他の各要素についても同様です。

各HTML要素の先頭付近に出現する単語を重視

英語圏における文章作成の作法の基本の一つにパラグラフライティングというものがあります。これは。一般のビジネス文書からエッセイ、Webページに至るまで、結論から先に書くということを徹底するものです。

文書全体の中で先頭に結論が記述されているだけでなく、文書を構成する各要素の中、例えば段落であればその先頭付近では、その段落の結論を記述するという記述がなされています。そのため、要素の中で重要な語句は、必ず要素の先頭付近に出現すると考えられます。

英語圏で開発される検索エンジンもその文書構造をふまえたスコアリング手法を行っており、各HTML要素の先頭付近に記述される語句に強い重み付けを行います。例えば、段落を示すp要素や、見出しを表すh要素、表題を表すtitle要素など、全ての要素で先頭付近に出現する語句を強く重み付けます。

この記事について