キーワード配置とは、キーワードがどんなHTML要素に含まれているかによって、つまりはキーワードをマークアップしているタグの種類によって、キーワードの重要性やページの関連性を判断するものです。これを最適化することによって、検索順位の向上を狙うことができます。

キーワードがどの要素の内容として出現するか

検索エンジンが検索キーワードとWebページの適合度を測る指標の1つとして、キーワード配置があります。検索キーワードが記述されているHTMLの要素の種類によって、キーワードとWebページの関連性を判断するものです。

HTMLは文書の構造を要素ごとにマークアップする言語ですので、語句がどのような要素内で扱われているかによって(どのようなタグでマークアップされているかによって)、ページ上でのその語句の重要度を測り、検索キーワードとの関連性を推測することができます。

キーワード配置で重視されるHTMLの要素

一般的にWebページの表題を表すtitle要素や、見出しであることを表すhn要素の内容として記述されている文字列には、そのWebページの内容を象徴するような重要な語句が含まれているものです。

検索エンジンは、そのようなWebページの主題に近いと思われる要素内に記述された語句を重要度の高い語句とみなし、スコアリングを行う際に、他の部分に記述された語句よりも強く重み付けます。

それぞれの要素の具体例