ブログ

日本のSEOは古い、ということは長く言われ続けてきたことです。古いままでいられたのは、検索エンジン、とりわけ Google の日本語への対応がそれほど速くないことも一因かもしれません。しかしそろそろ、古くてつまらない一過性のSEOは終わりにして、永続性があり将来に価値を蓄積するものに取り組んでいく時期です。

→ 続きを読む

SEOとは英語の Search Engine Optimization の頭文字をとった略語であり、日本語では検索エンジン最適化です。検索エンジン最適化とはサイトを検索者(検索ユーザー)に最適化することを意味し、SEOとは検索者に求められるサイトを制作・運営していく取り組みの集合です。

→ 続きを読む

SEOの作業の中心は検索者のニーズに沿った有用で高品質なコンテンツを継続的に制作・発信していくことであり、そこで実施者に必要なものは固定的な技術や技法ではなく、最良を求めて変化し続ける実践や習慣(ベストプラクティス)です。そうした日々の継続した取り組みを通じて、以下に解説するそれぞれの目標を達成することを目指します。

→ 続きを読む

サイトの運用やSEOの実施にあたって、外部のパートナーと契約することよりもはるかに重要なことは、社内の担当に適任者を充てることです。企業におけるウェブサイトの意味を再確認し、その当事者は誰かを特定することで、より効果の高い施策を実施していくことができるようになります。

→ 続きを読む

ご覧の通りこのサイトのテーマはSEOであり、ビジュアルデザインは非常にあっさりとしたものになっています。とはいえ手を抜いているというわけではなく、明確な指針のもとに綿密に設計してこの形になっています。このサイトで重視しているデザインの機能について、重視している順に紹介します。

→ 続きを読む

テレビや雑誌などでよく見かける「無料の資料請求はこちら」の文言ですが、なぜかそれはウェブ上でも見ることができます。しかしウェブはそもそも情報発信の場であり、資料請求をなくすためのものなのでは? この不思議な現象について書きました。

→ 続きを読む

ユーザーの視点で、ユーザーの関心に沿い、ユーザーが求めるコンテンツを中心にすれば、サイトを機能するものにするのは簡単です。にもかかわらず大半のサイトは、運営者の視点で運営者が伝えたいことを中心にした構成を取っており、当然の結果としてサイトは十分に機能していません。この記事ではユーザー中心へと運営者の意識を変えて、サイトを機能するものにするための考え方を示します。

→ 続きを読む

有益なコンテンツは、SEOだけでなくウェブマーケティング全体にとって不可欠なものです。この記事では、有益なコンテンツについて、その必要性や定義、作成していくための手順や注意点などについて解説していきます。

→ 続きを読む

SEOというのは因果なもので、それに関わっているというだけで知らない人から理由もなく白眼視されたりするという有様です。今はもうある程度は立ち直ったのですが、実は僕はそうしたことについて、かなり気に病んできました。

→ 続きを読む