ブログ

キーワード近接度とは、検索キーワード同士が記述される距離によって、キーワードとWebページの関連性を判断するものです。これを最適化することによって、検索順位の向上を狙うことができます。

→ 続きを読む

キーワード配置とは、キーワードがどんなHTML要素に含まれているかによって、つまりはキーワードをマークアップしているタグの種類によって、キーワードの重要性やページの関連性を判断するものです。これを最適化することによって、検索順位の向上を狙うことができます。

→ 続きを読む

HTMLドキュメントに含まれるすべての要素の中で、検索アルゴリズムは、このtitle要素の内容として記述された文字列に最も強い重み付けをします。title要素は文字通りそのドキュメントの表題を表し、そのドキュメントの内容を最も端的に表す文字列が入るべきところであり、適切なキーワードを含めることでSEOを効果的にします。

→ 続きを読む

多くのページから同一のアンカーテキストでリンクを張られているページは、そのキーワードに対する評価が高いものとしてスコアリングすることができます。そのため、ターゲットとするキーワードでの多くの被リンクを集めることが、検索結果の向上につながります。

→ 続きを読む

ユニバーサルな情報共有を行うことを目的として設計されたHTMLは、文書の論理構造を伝えることに適した文法を持っています。中でも特徴的なのが、段階的な見出しレベルを示す<h1>〜<h6>タグです。

→ 続きを読む

検索エンジンはキーワードがどのようなHTML要素内に記述されているかによって、キーワードがウェブページの中でどの程度の重要度をもって扱われているのかを判断します。ここでは強調のために使用されるインライン要素について説明します。

→ 続きを読む

meta要素はhead要素の子要素として定義されており、任意の個数をhead要素の中に含めることができます。用途としては、テキストのマークアップとは別に「ページの情報(プロファイル)」を指定することに使用されます。検索エンジンに関連するところでは、キーワードの指定、ページ要約文の指定、使用している文字セットの指定、検索エンジンロボットの動作の指定、といったものが代表的なものになります。

→ 続きを読む

img要素は画像を埋め込むインライン要素で、alt属性では代替テキストを指定します。検索エンジンのimg要素およびalt属性の扱いは一定しませんが、基本となる最適化方法について説明します。

→ 続きを読む

SEOにおけるキーワード選定は、作るべきコンテンツの洗い出しでもあります。あるキーワードでの検索結果で上位のランキングを獲得するためには、そのキーワードで上位にランキングされるにふさわしいコンテンツが必要になるためです。このことをふまえ、このページではコンテンツ計画に基づくキーワード選定について説明します。

→ 続きを読む