解析結果

ERROR!

必要な情報が入力されていません。

使い方とご注意

検索結果での露出を増やすという意味では、キーワードの出現回数や密度を調べることは、ほとんど意味を持ちません。2002年の公開当時には多少の意味がありましたが、今となってはこのツールの使いどころは次のようなものに限られるでしょう。

  • キーワードの過剰な繰り返し(ペナルティを受ける可能性が高まります)の発見
  • 多く使われている予期しないキーワード(テンプレートで繰り返されているキーワードなど)の発見
  • 本文中のキーワードの不存在(検索にヒットする確率が大幅に下がります)の発見
  • 競合のページでよく使われているキーワードの特定

このツールは現在も利用者が多いため公開は続けますが、機能の追加や不具合の修正などの予定はありません。サーバエラーが起きる場合、またはURLの取得に失敗する場合には、ローカルのHTMLファイルをアップロードする方法で解析するようにしてください。