被リンク構築には、リンクポピュラリティの向上だけでなく、様々な意義やメリットがあります。取り組むべき被リンク構築について、その意義と目的を確認します。

新規トラフィック流入経路のシンプルな事実

ごくごく基本的なことですが、そもそもWebサイトへ新規のトラフィックを呼び込む手段というのは、大まかには次の三種類しかありません。

  • 広告
  • 検索
  • リンク

この中で、広告と検索については、それらを最適化するテクニックについての情報もすでにたくさん出回っていますし、多くの人や企業がすでに熱心に取り組んでいます。

しかし広告による集客には予算という制限があります。また、未だニーズが明確になっていない潜在顧客を啓蒙するような顧客育成目的の集客、つまりコンバージョンに直結しない集客では、広告を使うのは無駄が多いという弱点があります。

また検索による集客は、ロイヤリティが限りなくゼロに近い一見客が中心となるためコンバージョン率が低いという性質があります。これこそが、検索結果順位の向上と売り上げの向上はイコールではないと言われる理由です。またアルゴリズムの影響を受けるため不安定になりがちです。

その一方で、被リンク構築は(手間と時間がかかることを除けば)その効果は最高のもので、企業の新規顧客獲得戦略の最前線であってもおかしくないものです。以下に、被リンクの魅力と優位性と価値についてまとめてみます。

信頼度と人気のバロメーターとして

あらためて言うまでもないことですが、被リンクの量と質は、そのサイトの信頼度や人気を測る指標として検索エンジンのアルゴリズムにも採用されています。この指標はリンクポピュラリティと呼ばれるもので、現在の検索エンジンにおいて検索順位の上位表示には欠かせないものになっています。

被リンクの多さは、そのサイトのブランド価値、つまりはロイヤリティーや知名度や信頼度と正の相関関係にあります。つまり被リンクが増えれば増えるほどそのサイトのネット上におけるブランド価値は向上するのであり、被リンク構築はブランディングの一環としても取り組む価値があります。

またブログやソーシャルブックマークなどのソーシャルメディアが発展を遂げた現在のネット上では、被リンクはネット上でクチコミが生じた結果として生じるものでもあり、被リンクの多さはクチコミが広がった範囲の大きさを示しています。クチコミの結果としての被リンクを増大させる試みはSMOと呼ばれています。

安定的なトラフィックの源泉として

検索エンジンの評価を高めるという文脈でばかり語られがちな被リンク構築ですが、被リンクそのものが安定的なトラフィックを呼び込むという点は見逃すべきではありません。被リンクには持続的な効果と長期的な価値があり、広告のように予算の制約を受けることもなく、検索のようにアルゴリズムの影響を受けることもありません。

また被リンクは、ほとんどの場合(リンクを買ったりするのでない場合)蓄積されていく一方であり、減ることは(リンク元の閉鎖のような特殊な場合を除いて)ありません。被リンク構築は安定的なトラフィックと長期的な価値を獲得する試みであり、一定のリソースを割いて取り組むべきものです。

コンバージョンの源泉として

被リンクは第三者がお勧めしてくれた結果として生まれるものであり、そこから訪問してくるユーザーは、お勧めしてくれたリンク元サイトへのロイヤリティの影響を受けています。リンク元サイトを信頼しているユーザーであれば、その信頼を持ったままこちらのサイトに訪問してくるのです。

このように被リンクはリンク元サイトの信頼度を受け継ぐ性質があるため、被リンクによるトラフィックは、多くの場合、広告や検索からのトラフィックよりも有意にコンバージョンレートが高くなる傾向があります。信頼性の高いサイトからの被リンクを集めることは、コンバージョンを増やすことにつながります。

ネットワーク適合性の推進エンジンとして

自分が他のサイトにリンクする場合を考えれば当然のことですが、人はリンク先を選ぶとき、ランダムにリンク先を選ぶわけではありません。そこには選ばれやすい条件が存在します。それは優先的選択と呼ばれているものです。

人の目に触れる機会は被リンクが増えれば増えるほど拡大します。これはつまり、被リンクが増えれば増えるほど、被リンクを受ける機会もまた拡大するということでもあります。金持ちはより金持ちになるというネットワーク適合性は、被リンクの増大と共に高まってきます。

オンラインにおける無形資産の形成として

オンライン世界においては、不動産や備品などの有形資産はほとんど何の意味を持ちません。それに代わって意味を持つのが、認知度や信頼度、顧客情報などの無形資産です。

オンラインならではの無形資産は、RSSのアクティブな購読者数や、同じくアクティブな Twitter フォロワー、Facebookページ参加者、そして被リンクという形に表れます。これらは基本的に、努力に応じて積み上がっていき、滅多なことでは減少しません。そしてこれらは相互に作用し合ってトラフィック増加の循環を作り出します。

これらの無形資産の形成は大きな努力を要し、結果を出すのには時間がかかるものです。これはつまり、先んじてリソースを割いて取り組んだ者ほど有利になる性質があるということです。そして、こうして積み上げた無形資産は、時間をおいて間接的に売り上げにも貢献するでしょう。

取り組みが遅れれば取り残されてしまう

被リンク構築にはこれだけの利点が備わっており、事業全体のうちオンラインでの活動の比重を高めようと考えている企業にとって、これほど魅力的なものもそう多くないはずです。しかし、どれほどの企業が被リンク構築を主要な戦略と位置づけているかといえば、残念ながら実態は寂しいものです。

その一方で、被リンク構築を推進することで有利な立場を確立しつつある事業者や個人もいます。例えば、広告予算も企業としての信用も持っていないようなフリーランス、はじめからWeb上を主要な営業経路であると考えているようなベンチャー、将来の転職や独立に備えてパーソナルブランディングを行っている個人などです。

こうした事業者や個人は全体からみれば少数に過ぎませんが、その性質から極めて見つけやすいので、存在を確認することが容易であるだけでなく、その試みが成功していることを確認することもまた容易です。多くの企業もまた、こうしたことを自社の戦略に導入すべきでしょう。しかもできるだけ早期に。

被リンク構築に近道はない

ここまで被リンク構築の意義とメリットについて説明してきましたが、これらの意義やメリットは、有料リンク(SEOだけを目的に業者から買い付けたリンク)では享受できません。もし有料リンクに支払う予算があるのであれば、その予算を自然発生的な被リンクを構築するために使ったほうが、長期的に見てメリットが大きいことは明らかです。

もしサイトに信頼度や人気、ブランド価値などを持たせたいと考えているのであれば(当然そう考えるはずです)、被リンク構築のための取り組みを実施していくべきです。そのためには、高い品質を備えた求められるコンテンツを制作していくことが必要です。

人々がWebに求めているのは企業の自画自賛ではなく、役に立つ豊かなコンテンツです。リンクを受け取るにふさわしいコンテンツを発信し、被リンクを獲得していくことで、ビジネスはより加速していくでしょう。