検索エンジンの仕組み

検索エンジンの仕組みや技術についての基礎知識を紹介します。SEOの基本は、一般のユーザーにも検索エンジンにもフレンドリーなWebサイトを制作することにあります。検索エンジンの仕組みを知ることは、より最適化されたサイト制作のための基礎となります。

インデクシング

インデクシングとは、検索エンジンの運営プロセスの中で、「情報作成」「登録」の役割を担う作業です。検索エンジンは、クローラーが収集してきたWeb ページの情報をあらかじめ中間処理し、検索アルゴリズムが扱いやすいデータに変換した上で、インデックス(データベース)に格納します。そのため、インデクシングにおける個々の作業内容は、検索エンジンのデータベースとしての特徴を決める大きな要素となっています。→ 続きを読む

クエリープロセシング

クエリプロセシングとは、検索エンジンの運営プロセスの中で、「要求受付」「集計」「結果表示」の役割を担う作業です。ユーザーからの検索キーワードを処理し、スコアリングを行うアルゴリズムから送られた適合度をもとに検索順位を決め、結果をリスト表示します。いわば、ユーザーにとって検索エンジンとの間のインターフェースを実現する作業であり、ここでの作業内容がユーザーから見た検索エンジンの利便性を大きく左右します。そのため、検索エンジンベンダーは、競って高機能なクエリプロセシングを開発し、検索エンジンに導入しています。→ 続きを読む

クローリング

検索エンジンは「クローラー」あるいは「スパイダー」と呼ばれるロボット(プログラム)を用いてウェブ上のページの情報を収集します。クローラーがウェブ上を自動的に巡回し、Webページを収集していく作業を「クローリング」と呼び、検索エンジンはクローリングで集められたデータをもとに、インデックス(データベース)に登録する情報の作成と登録・更新を行います。→ 続きを読む

スコアリング

スコアリングとは、検索エンジンの運営プロセスの中で、「照合」「判定」の役割を担う作業です。スコアリングでは、ユーザーから要求されたキーワードに対して、インデックスされた個々のWebページと要求されたキーワードの適合度をスコアと呼ばれる数値のかたちで算出し、順位を決定します。順位の決定には様々な要因が用いられます。スコアリングは、検索エンジンの検索精度を決める重要な作業であるため、各検索エンジンベンダーは様々な方法を複合的に用いています。→ 続きを読む

検索サービスの種類

検索サービスの役割は、インターネットの膨大なWebページの中からユーザーの求める情報を見つけだすことです。その技術はデータベースにおける情報検索技術を引き継いでおり、ストックした情報への全文検索を行う検索エンジンと、分類による情報整理を行うディレクトリに大きく分かれます。ここではそれらを含めた、主な検索サービスの種類について説明します。→ 続きを読む